FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

自己愛が無さすぎてもいけないとは思うけれどありすぎてもやっぱりどうかと…結局なんでもバランスが大事だというサラ金のCMくらい無責任な結論の話やら最近気になるニュースの話やら…

人間は自分をあまりに重要視しすぎるのです。我々人間は、鳥やアリの生より決して困難なものではなく、むしろもっと楽で素敵なものです。
~ヘルマン・ヘッセ~

( -_-)ジッ
ちゃまです。


最近なにか「無差別通り魔殺傷事件」なんてものが、むしろ日常茶飯事な定例事件のようになってきているのを感じますね。
( -_-)「ちゃま的には今回の柏市の事件のニュース映像で任意同行時になんか叫んでることが気になってたけど、その内容が『Yahoo!チャットバンザイ!!』だと知った時がある意味で一番衝撃でした~」(゜Д゜)「なんだそれ…どうすんだこれ…被害者の方…本当に報われんだろ…」


そして、相変わらず報道番組のコメンテーターが「社会に対しての不満が…」や「これを観てまた模倣犯が…」なんていう、うん百年前にも出てくるような古来からのありきたりな一言で締めくくるのを傍観しています。
( -_-)「いや…社会に対しての不満によりこんな事件起こして『Yahoo!チャットバンザイ!!』なんて叫びながら捕らえられいく犯人に憧れて模倣犯増えるような社会なら国としてもうとっくに手遅れだから!!今回のは…ちょっと違うから大丈夫かと…」(゜Д゜)「あんなのは…ちょっと違うよな…なにかここいらの似たような事件とも全く違うような…まぁ宅間や秋葉原なんかの模倣犯ともとれるにはとれるけど…なにかまた違う気が…動機的に超劣化してるというか幼さすぎるような…ただの自己愛強すぎナルシスト+キ@@@なだけのような…あるいは生野区系…確かにそれだけに亜種が増殖してるともとれて心配で残念だけど…そんなのに偶然に遭遇してしまい命奪われる人間はどうしたらよいものかってのも永遠のテーマかもな…」
( -_-)「またキ@@@無罪かもね…もうここまで年に何回ものペースで無差別通り魔連続殺傷なんて事件が起こるのはさすがに問題かと…その直後のニュースがどこかの教師が『パンツちょうだい』と女性に飛びついた事件なくらいだから日本社会的鬱積した問題があるのも事実かもね~無論、冗談だけど!吹いて鼻水出ちゃったからね!!」(゜Д゜)「ある意味では柏市の事件より社会問題ってか酒の勢いで自分の環境の不満が出ちゃった事件で模倣犯の数も多そうで心配だな…もちろん冗談だけど!!深刻な事件のニュース真剣に観てて急に同じトーンで『パンツちょうだい』は卑怯だよな!なにその落差あるフォーク…若干その教師のその後まで憂うけれども!」


さて、ちゃまは最近「自己愛」というものについて考えています。

人間が生きていく上で自己愛は必要不可欠なものであるとも理解してはいますが、自己愛が強過ぎると自分以外の他人に対して悪影響を及ぼすこともあるわけなのです。

ちゃまは、ナルシストや明らかに自己愛が強過ぎる人間は虫ずが走る程に苦手です。

そして、あのような各種無差別殺人事件や重犯罪事件、その他多くの悲惨な事件や事故等も突き詰めればその起点になるような無益なことがらがあると思うのですが、その事柄の多くは結局のところ誰かしらの『自己愛の強さ』から生じた結果だと結論付けられてしまうとも考えてしまうのです。
( -_-)「本当に…パワハラ犬畜生なんて人間は、自己愛性人格障害の大会あったらぶっちぎりで優勝出来る逸材だったからね!」(゜Д゜)「思えばあの頃に自己愛性人格障害なんて言葉覚えたな~あのおっさんが当てはまり過ぎて絶望感でいっぱいだったよな…」


しかし、ちゃま自身も時には知らず知らずに過剰に自己愛を出してしまっていることもあるのでしょうし、また、それにより他人に不快な想いもさせていることもあるのかもしれません。
( -_-)「いや…ちゃまは基本的に…それこそうつ病やらかすくらいな者なので…どちらかというと昔から自己否定的な方ではないかと…思っていたりはするのですが…」(゜Д゜)「いや…おまえは…難しいところだな…子供の頃から大人の世界でリアル見せられてきたぶん倫理観や謙虚さは心がけているところあるし、いじめ受けたりメンタル弱かったから出過ぎる杭にならないようにしてきたところあるから一見するとそのあたりは抑えてそうだけど…その反動が大人になってから出だしたところもあるし、自己愛となると定義も広いから一概には弱いとも言い切れんかもよ!!あと見た目もヤカラっぽいし…最近また何を勘違いしだしたのか結婚生活等での失われた5年取り戻そうキャンペーンでも展開してるかのごとく服装やら髪型も若作りして変だから!!!!!!さらにうつ病やらこれまでの経験使ってスイングバイさせて自分の人生加速させようとしてたり祖母や母の為にという欲により必要悪とかもかって出たりしてるところもあるから、祖母もしゃべれなくなって母親1人ならやりこめられると考えてた叔父、叔母にしたらいつの間にかうつ病から復活してたおまえは大変うっとしい存在だろうし…今ちょっと調子のって自己愛強め出しちゃってるのじゃないかねぇちゃま君!!!!自重したまえ!!!!!」
( -_-)「いや…見た目は関係ないのじゃあ??ならあと叔母の自己愛の強さは昔から周囲どん引きだから…大会あったら表彰台確実だから…」(゜Д゜)「いやいや…広く定義すると見た目は大事な要因だから!!自己主張が強いのは立派な自己愛だって!おまえの叔母の自己愛の強さ認める!昔から捏造混じりの『私がやってあげた!私がやってあげた!』ばかり主張して自分がしてもらったことは綺麗さっぱり忘れるあの能力の高さ!!おまけにならマッチポンプ機能付きだから上位入賞は確実だろ!」


自己愛が強いことは、自分を活かす上で有益なことでもあり、上手く利用すれば他人に対してもメリットを与えられることもあるとは思うのです。

例えば、夫婦や恋人同士または想う相手には、通常、小綺麗であったり自信持って輝いてもらいたいと思うことでしょう。

そんな時には、ある一定の自己愛により自分を磨くことで相手に満足感を与えられることもあるとは思うのですが、その程度のことであれば自己愛ではなく他人に対しての愛情でも可能なのかもしれません。
( -_-)「まぁ昨今の日本で、本心から『あなたの為に綺麗でいたいの!』とか昭和のメロドラマばりのこと言う女性もそうそういないだろうけれどもね!」(゜Д゜)「『綺麗でいてあげてるの!!』『綺麗でいてほしいでしょ???』とか恩着せがましく言う女はいるかもな!そうなってくると自己愛なのかもよ~なかなか微妙なラインだけど!」


そうなると、自己愛というのはやはり自己満足の世界であり、自己の欲求を満たす為だけのものかもとも考えてしまうのですが、それではお粗末なのでもう少し考えてみます。

自己愛が情熱や力となり、周りの為になったり、社会に良い影響を与えることも多々あるのも事実です。

例えば、医学や科学の発展には研究者の社会に貢献したいという他人に対して愛だけではなく、どこかで自己顕示欲が少なからず働いており、その結果の成果により他人が恩恵を受けているとも考えられます。

そのことや観直な話しだとちゃまは子供がいませんが姪と甥がいます。

姪はとても自分が大好きでエレベーターなどで大きめの鏡を見つけたりカメラを向けると可愛くポーズをします。

そして、ちゃまは姪がかわいくて仕方ないのでその姿を見るととても幸せな気持ちになります。

ということは、姪の自己愛はちゃまを幸せにしているということになるので、自己愛により他人に有益をもたらせているともとれます。
( -_-)「ちなみに先日、姪っ子が無事に3才の誕生日を迎えお祝い会お招きいただきました~翌日、イオンで遊んでもらいました!」(゜Д゜)「完全に『遊んでもらってる』って感じで姫と下僕の関係になりつつあるけどな…どんだけ姪っ子可愛がるんだよ!」
( -_-)「姫が3才になるってことは東日本大震災からもうまる3年か…そしてうつ病MAX状態からも…早いものやな…」(゜Д゜)「姪から姫になってるから!まぁ確かにあの子生まれて数日後にあの震災で当時おまえもぶっ壊れてたから感慨深いよな…なぜかおまえが誕生日会に3回とも出席してることも離婚やらうつ病やらなければ本来ならありえ無かったことだけれども…まぁそれはそれで良いのじゃないか…」
( -_-)「しかし…姫だけにはほんまに癒されるわ~『ちゃまちゃんちゃまちゃん』言って慕ってくれるし~」(゜Д゜)「慕ってくれ具合は以上だな!おまえのかわいがりようもだけど!!生まれ時から叔父が病んでたからそれ観てて哀れに想われてるかもな…子供そういう感性強いから!そのうちに見向きもされなくなるだろうから精々今のうちに媚びうっとけよ!!!」


しかし、それはそれを受動する側が想いがあって成り立つのであり、相互のバランスがかみ合ってこそ上手く成立するのであって、そのバランスによっては大変なストレス起因になったり、あらゆる問題を助長することにもなりかねません。
( -_-)「最近、髪切ったら誰かわからない現代のベートーベンやら割烹着リケジョさんやら自己顕示欲強そうな人のおかしな疑惑多いしねぇ~」(゜Д゜)「佐村河内氏とか正直どうでもいいけど…STAP細胞はな…せっかく明るいニュースだったのに…どうなんだろうな…一部には金銭面等のいろんな思惑で組織ぐるみで功を焦ったとか言われてるけれど…せめて実在していてほしいよな…」
( -_-)「まぁねぇ~今の世の中なんて~お金の動きだけとればどんな職業だろうが突き詰めればちゃまから言うと詐欺師オブザワールドだからね~影響が多かれ少なかれの違いだけで真にまともな商売なんて探す方が難しいと思うけれど…やっぱり多くの人に迷惑かけたり失望させるようなのは人間としてちょっとねぇ…」


なので、ちゃまは自己愛を自重しつつ、相手を受け入れる態勢が常に出来ているような寛容な人に出会うと尊敬してしまいます。
( -_-)「最近…年齢的なのか最近のちゃま事情がそうさせるのかわからないけれど…世の中ねぇ~こんなに良い人も多いのかと~つくづく!」(゜Д゜)「おまえは人間不信の塊みたいになってたからな…まぁやっと肩の力抜ける時がきたのかもな~まだまだ全然だけれども~」


ちゃまもそのようなバランスの良い人間なれれば良いとは思っていますが、人それぞれなので最終的にはそれまで受けた他人からの愛と自己愛のバランスがよい人間として死んでいければ幸せかなと考えています。
( -_-)「もし50代くらいまで生きてれば~そんな感じなれればと!!」(゜Д゜)「まぁおまえが尊敬する人って大概、いろんな苦労や経験してたり、いろいろな人間よく見てきてるような人達だからな~まぁ少しでも近づけるように頑張れよ!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ご閲覧ありがとうございました<(_ _)>
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(2)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015年|09月|14日|01:09 |from -|

Re: No title

rさんお久しぶりです。

しばらくブログから離れていて
りんさんからメッセもらった数日後くらいにたまたま、それこそ数ヶ月ぶりににログインしました。

「うわ~すごいタイミングでりんさんからメッセが‼」と覚えてもらえていたことと、気にかけていただいてたことがすごくうれしくて慌ててお返事したのですが…

送れてなかった…と…今…すみません('◇'`)

rさんはお元気でしょうか?

時折、このブログを読み返したくなる時があるのですが
その度にrさんのことを思い出してます。(時折rさんのブログにもお邪魔して読ませてもらってました)
自分にとってこのブログとこれを書いてた時期は特別なので…(笑)

私自身はまた…というか…今度ばかりは本当にブログを再開をしたいような状況と心境です。
なのでまたブログの力を借りようと思っているので、よければまた読んでやってくださいね(*^^*)

2016年|03月|03日|22:36 |from ちゃま| URL

非公開コメント

トラックバック

http://utucyama.blog.fc2.com/tb.php/70-8e80a279

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。