FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

寝れるわけがない…昨日の…記録

午後12時過ぎ
二度寝から目覚める。

すぐに母からの携帯の着信とメールに気づく。

内容を見た瞬間に脳が一気に目覚め頭にいろいろ走る…。

母にかけ直すがつながらない。

妹にかけ直して内容を把握する。察したことに正解しており決壊し少し涙する。

乱雑にバックへといつも旅支度を放り込む。

離婚からここ数年でこの手の準備は慣れてしまっている。

いくら頭がいろいろな想像に限界使用域を使われているようでもどこか冷静にものの10分程度で準備が完了してしまう。

痴呆の祖母へ一応、事の次第を報告し車を出す。

道中、記憶が暴れまわる。

訳あってここ数年の間、いやその前から外孫でありながらどんな孫やらよりも敬意を持ってあの人のことを考えてきた。

もちろん、どの兄弟姉妹より親想いで熱く感情的な母の為でもある。

でもそれだけじゃない…

意地っ張りでわがままで繊細で他人想いで感性が鋭くそして綺麗好きな働き者の苦労人…典型的な犬歳のB型…

結婚した時…誰よりも喜んでくれた…「俺はお爺ちゃんと同じでA型の猿やし彼女はお婆ちゃんと同じでB型の犬やからな~合わんようで真逆の性格やからこそ上手くいくことも出来ることもあんねん!なぁお婆ちゃん!!」なんて言って大笑いしてくれてた…
4人でずっと行きたがってた田舎へも連れいけた…

そして、それなりにこれはずっと覚悟してここ2年間…

たらい回しにされたあなた性分…あなたの覚悟…想い…僕にはその想い成し遂げる覚悟がある…

僕が死を決心したとき…手紙と1万円…

それでも全て把握していて自分にはもう闘う気力はなかった…

ただ一言…
「@@ちゃん殺したらあかん…あの子は誰よりもごっつ頭ええ!良すぎんねん!@@ちゃん殺したらあかん!」

伝え聞いたその言葉に一晩中泣きました…

それから2年間…いろいろありましたね…

あなたがしてきた事…その性分…どれだけの人間を生かせてきたのか…僕は子供の頃から十二分にわかっています。

「最後は俺が全部肯定したるから任せろ…なぁもういいから…無理だけはせんといてな…」…ずっと言ってのになんで…でもあなたの性格からしていたしかたないですね…

昨晩、あなたの子供達相手に僕なりに闘いました…あなたのことも否定しつつ…雄弁かつ理路整然と…このうん十年鬱積したつまらん誤解の積み重ねをによる不和を一夜にして崩壊させてやったで…

あなたは、そんなことも不本意かもしれん…でもあなたと僕の本当の想いは成し遂げられそうです。

こんな役目はもうごめんやで…

なぁお婆ちゃん…

まだや…まだあかんから…

俺の仮想の大切な…大事な…ワンピースや…頼む…


平気で寝れるあなたの子供達がうらやましいよ…


スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(2)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年|12月|25日|13:35 |from -|

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年|01月|14日|16:41 |from -|

非公開コメント

トラックバック

http://utucyama.blog.fc2.com/tb.php/66-87a3e398

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。