FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ニヒリストなのに愛なき人生に意味などあるはずもなし!とか子供っぽいこと言ってみたり…

人の一生に もし一人の人間によって、少しでも多くの愛と平和、光と真実が世にもたらされたなら、その一生には意味があったのである。
~アルフレッド・デルプ~


( -_-)ジッ
ちゃまです。

どうもネットなどを見ていると虚無主義やニヒリストに対しての偏見があるように感じられるので、ちゃまなりの見解なんかも書いてみたいと思います。
( -_-)この虚無思想=悪い思想みたいな風潮!!他人の思想を許容や理解したくないかできないだけだろ!あさはかな洗脳されきった…(゜Д゜)ほっとけよ!!その人それぞれの思想があるから仕方ないだろ!!

ちゃまは自分が虚無主義者だとこのブログでも毎回のように書いているのですが、「虚無主義者」というのはいろいろな種類があります。
( -_-)「このブログでも」というかこのブログ以外の日常生活で「私はニヒリストです!」なんて言うこと無いけどね!(゜Д゜)当たり前だ!そんなこと公言してたら危ない奴か変な人だと思われてめんどくさいことになるよ!!

なので、自分が虚無主義者と認識していない人も実はニヒリストだったりすると思うのです。

実際、日本人にはかなりの数の虚無主義者がいると考えています。

そんな説明も書いていきたいのですが…それはまたの機会として…今回はちゃまのことを。

ちゃまは、虚無主義者ですがそれはうつ病や離婚後今までの人生を振り返り、その後、いろいろ見聞したり考察した結果、ニヒリストになったわけです。

でも、ちゃまの虚無思想は、もっと若い時、10代あたりから元々ニヒリズムの気があったと考えています。
( -_-)まぁとうとう達観気味な虚無に至った時、数日…街歩いてても全てが夢の中でみんな生きてるように見えて全てが本当に映画の中の世界みたいに思えたけどね~

その後、哲学にはまりニーチェの「能動的ニヒリズム」という言葉に強く惹かれます。
( -_-)宗教や洗脳を否定してもちゃまは多人間多偉人信仰なので多くの影響を受けています!(゜Д゜)ややこしい奴だよまったく!まぁ洗脳されなきゃ何でもいいよ!

ちゃまのようなタイプの虚無主義者というのは究極の合理主義者ともとれます。

なので、極まで行くと理解したうえで「死に対して恐怖」が無くなります。

ちなみに誤解がないように一応書きますが、恐怖が無くなるだけで「死にたい」とかでは全くありません。
( -_-)
受動的ニヒリズムってやつか~よく自殺志願者や無法者、殺人鬼とかも虚無主義者とか自称したりそう考えられたりしてるみたいだけど…少し違うと思う…ちゃまに言わせればそれってただ深い深い暗黒面に墜ちてるか墜ちきっただけ!
(゜Д゜)本当のニヒリストがそんな自分や他人に害がおよぶようなことしたり積極的に死に向かうわけがねぇよな!めんどくさい!

なので、ちゃまは例え「余命1日です!」と言われてもおそらく何も思いません。
( -_-)別に夜寝たまま翌日そのまま目覚めることがなくてもそれはそれでかまわん!と思ってるからね!

ただ、そんな極なちゃま的虚無主義者にも1つだけ怖いものがあります。

それが「愛」です。

これは、一般的にいう「恋愛」や「家族愛や親子愛」「友愛」「博愛精神」などというものとは違います。

能動的ニヒリストは、そういったものを心理学や人間学、そして、各種自他の哲学等を用いて安易に無にするでしょう。

そんなニヒリストが本当に怖い「愛」それは…

究極に深い「愛」と自分が「愛」するということです。

まず、深い「愛」とはなにかというとよく言われる無二の「愛」というものに近いものだと考えています。

一言で表すなら、自分の一切の利を求めない「究極の献身的でしかも自然に湧いてくる愛」です。

おそらく、それをも能動的ニヒリストなら理屈で説明出来てしまうのですが、本当にそれを目の当たりにしたり、向けられ感じた時にニヒリストは言葉を失うでしょう。

次に、自分が愛するということです。

ちゃまは、他人を愛するということはニヒリストにとって非常に難しいことだと考えています。
なぜなら、前述したようにニヒリストは、究極の合理主義者なわけです。

頭で考えて「愛」するという行為をする事は良いのですが、感情的に湧いてくる本当の「愛」に翻弄されることに恐怖を感じるわけです。

簡単に書くと死の恐怖を感じない人間が愛するものを持つことにより、恐怖を感じるようになってしまうということが恐怖なのです。
なので、逆に言えば愛する人を持つと死ににくいということも言えます。


ちゃまは、本物の虚無主義者はきっと誰よりも愛に餓えていてなってしまう人が多いと思っています。
なので、逆に真の愛について探求、理解できるものと考えてています。

ちゃまも、昔から「愛」とつくものが大好物なのです。
ニヒリストになった今では、生きていく「意味」ではなく「意義」や「理由」としては人を愛するということがもっとも単純で人として明確なことだとも考えています。

これからも虚像の愛を否定しながら、本当の「愛」というものを模索していくと思います。

そんなちゃまは、各種社会問題やメンタルヘルスのケアは「愛」によって安易に解決出来ることが多いと考えています。
( -_-)ストーカー殺人とか起きてるけれども…全く愛を理解してない奴が多すぎるよ!!(゜Д゜)おっ…おう…えらく言うね~

なので、変人ニヒリストから言わせれば、究極の「愛」を追求する事が人間として本当に大事なことであり、それが人間の使命でもあり人の革新だと思われてしかたないわけです。
( -_-)(゜Д゜)人の革新??なにそのシャアからパクった中二病的ニュータイプ思想?!

そして、「究極の愛」を実行出来る人間になったとき、すべての恐怖、怒り、不安、哀しみを真に力強く克服出来るのだと思います。
ちゃまの人生という修行はそんな人間を目指しながら死んでいけたら幸せだと考えています。
( -_-)まだまだ全然だけど…でもほんとにやっぱ最終的には「愛」だって!(゜Д゜)愛愛~アイアイ♪愛愛~アイアイ♪おさるさんだよ~♬って!やかましわい!!「愛」「愛」うるさいよ!30過ぎたいい年した男がどんだけ愛語ってるんだよ!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| ニヒリズムのいろいろ 愛のいろいろ | コメント(3)

コメント

虚像の愛を否定しながら、本当の「愛」というものを模索

個人的には、愛は愛でしかないと思っています。その感情が愛であると自分で感じてしまうのなら、本当も虚無のありません。というのは合理的解釈と思うのですが。。

ニヒリストの文章とはとても思えない(笑)というのが私の感想なのですが、ちゃま様は私個人から拝見すると、非常に人間的な方で、ニヒリストを称することで何とかご自分を守ろうとなさっているように見えます。もちろん、それはそれで個人の自由です。

いずれにしても、どこかで善意をへし折られてしまった。。。という感じがして、そのまま行かれるのか、線路に戻られるのを願っておられるのか。。私だったら。。。などと安易なことは言えない、と思う次第であります。

2013年|10月|10日|22:32 |from ぎゃび| URL

Re: 虚像の愛を否定しながら、本当の「愛」というものを模索

ぎゃびさんこんばんは。ご閲覧及びご意見コメントありがとうございます。

そうですね~人間的過ぎると自分でも思います(^^)
虚無までの人生で学んだことや基本的な本質が出ていると思います。

おそらくですが「そんなに力まずもっと楽に素直に生きたほうがいい」というお気持ちからのコメントかとお受け取りしました。

でも、それができたら虚無主義者なんかになっていません。というのが素直なお返事です。

しかし、ただのニヒリストのままだと本当に「無」になってしまうので、そこから反発心が強い性格も手伝い生きる為に行き着いたのが。「能動的ニヒリストを目指す」ということです。
そして、ブログなどもはじめたわけです。

そして、まだまだ未熟者なので、ブログ内容はニヒリストっぽくも合理的っぽくもなく迷走してるかもしれませんね。根本がニヒリズム思想なのですが、その説明も全然してないので…

あと、ぎゃびさんの考える「ニヒリスト」や「愛」への解釈が伝わるようなコメントだったのですが…ニヒリストも愛も様々な種類があると思います。

愛をなぜ感じるのか、また、どこからわきおこるのかそのメカニズムは理解しているつもりです。

そして、ぎゃびさんから見れば、「線路から外れている」と思われているようですが…
ただ生きている以上は人それぞれの重荷を背負って人生という線路を走っていると考えてます。だから戻るもなにもないかと…ですので愛が必要な時はセレクトして適当に行使しますから大丈夫です。

それでは、これからもなにかご意見あればお願いします。

2013年|10月|11日|00:52 |from ちゃま| URL

なるほどです

私など及ぶべくもない深いところかも知れません。ということを認識いたしました。
ただ、またお邪魔させていただきます。

2013年|10月|11日|12:38 |from ぎゃび| URL

非公開コメント

トラックバック

http://utucyama.blog.fc2.com/tb.php/44-e1833a1c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。