スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

宗教や詐欺にはまれる人達がどこかうらやましかったりもする…嘘だけど…ほんとに…

人間は、死、悲惨、無知を癒すことができなかったので、 自己を幸福にするために、それらを敢えて考えないように工夫した。
~ブレーズ・パスカル~

( -_-)ジッ
ちゃまです。

最近、妙に親が子供を殺害するニュースが多くて気になるところなのですが…
(-_-#)カァーゴー(゜Д゜)待て!ダース・チャマー!!

それはさておき…ちゃまは昔、気になることがあるととことんまで追求するという悪い癖がありました。

心配性な性格も手伝い、知らなくてよいことまで、深追いして追求するという本能的知識欲に従順なタイプだったのです。
( -_-)すべての人間は生まれながらに知ることを欲するbyアリストテレス(゜Д゜)ト~リ~ビア~♪あの番組はよかった!

でも、生きるために必要な知識というのは、実際にはそんなに多くはなく、逆に不必要な知識は人生において無駄に足かせになることの方が多いと考えています。

例えば、よくねずみ講やマルチ商法、出会い系サイト詐欺などにいまだに引っかかる人がいたり、各種宗教などにどっぷりとのめり込む人達がいますが、正直、うらやましいなと思うことがあるのです。
( -_-)いや…皮肉じゃなくて…本当に…(゜Д゜)ぜったい皮肉だよね!!

なぜかというと、そういう人達は、「幸せ」だと思うからです。

よく、宗教の活動や勧誘にボランティア精神で時間を費やしている人がいますが、そういう人達は本当にその宗教を信じていて、どこか活き活きとしてるように見えることがあるのです。
( -_-)あの洗脳されたバイタリティ…「言葉の意味はよくわからんがとにかくすごい自信だ」の精神だけは見習う価値がある。(゜Д゜)やっぱりバカにしてるよ!!

ちゃまのように「不安」や「疑問」「心配事」などを理屈や理論で理解して解消しようするタイプは、「石橋を叩いて渡る」ならよいのですが「叩き過ぎて壊してしまう」ことも多々あったように思うのです。
( -_-)(゜Д゜)おまえ友達少ないだろ!

人間は知識をつければつけるほど、欲求が増せば増すほど恐怖心が増すことになることもあるわけです。

そして、恐怖心に対して、自分はどう対処するのかが、その人のそれぞれの知恵が試されると考えています。

だから、ちゃまは、どんな宗教だろうがどんな人間だろうが基本的には否定しません。
( -_-)ただ、自分の身辺に害が及ぶ場合に行動するのみ…(゜Д゜)うそつけよ!変に熱いとこあるからニヒリストの攻撃性をかなり出すタイプだよおまえは!!


詐欺や宗教の場合、だまされる人間がいるから加害者が生まれるわけで、被害者が量産されるわけです。

迷惑メールや詐欺師のダイレクトメール一つとっても、誰も引っかからなければ、送られてこないわけで、だまされる人間により多数の人間が迷惑を被っているともとれるわけですね。

ちゃまは、宗教や詐欺にはまる人は何らかの欲に負けた人か、「自分で考える」ということを諦めた人だと思っています。
しかし、本当にそれはそれでその人の導き出した答えだと思うのでまわないわけです。
( -_-)こちらに害がなければな…

なので、ある一定の知識と理性をバランスよく持ち、そして自分で考えることを保ちながら明るくほがらかに生きていける人が本当に「幸せな人間」じゃないかと考えたりするのです。
( -_-)あらゆる欲や洗脳に打ち勝つ知識を持ち馬鹿でいられること…それが難しい…ちゃまは無理かも…でも人間として生きてる以上は目指すべきかもね!!(゜Д゜)おまえやっぱりぜったい友達すくねぇタイプだよ!!もっと気楽に人生楽しめよ!!!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(2)

コメント

経験者は語る

親を恐怖に思った私は、大学にいる時、いわゆる新興宗教なるものに入っていました。
同じものに向かう団体でしたね。
一丁前に青年部長なるものまでしていました。
その時の不安な気持ちは打ち込むことで解消できましたね。部活動みたいなものでした。
でも、部長になって舞台裏に入った途端、普通の社会となんら変わらないことに気づき、落胆して辞めました。
結局変わるためには、自分の力だけ、ということがわかりました。

2013年|10月|08日|21:47 |from ひとしずく| URL

Re: 経験者は語る

ひとしずくさんこんばんは。
コメントありがとうございます。

ちゃまも、信仰する事はなかったのですが某巨大宗教団体に間接的に関わってきた経験があります。

中身は、まさに北朝鮮型社会主義で「洗脳とはおそろしい」なと反面教師にさせてもらいました。

でも、実際にそれで救われている人がいるのも事実なわけで難しいところなのですが…
ひとしずくさんのように気づかれれる人には、やはり強いなにかがあると思いますよ。

いろいろ気づいてしまう人間は辛いものなのかもしれませんね(^^;)
本当に人の一生はそれぞれの重荷を負うてですね!


2013年|10月|08日|22:34 |from ちゃま| URL

非公開コメント

トラックバック

http://utucyama.blog.fc2.com/tb.php/43-98f0cc3f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。