FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

死者への昔ながらの法要や冒涜する暇あるならその都度自分の人生見つめ直した方が・・・#4

( -_-)ジッ
ちゃまです。

ラストです。
要約タイトルに追いつけそうです。( -_-)とおかった…

さて、最後にちょっとブログに書いていいものかしばらく迷ってたことをで終わります。

法要の時に一連のお経が終えた後、お坊さんが短い説法をしてくれたわけだけれども、その時に出たのが藤佳子さんの自死のことだったのですが、開祖の親鸞さんがとても長寿で亡くなっていることもあり「とにかく死んではいけない」という良いお話だったわけだけどちゃまは少し気になりました。

まず、「人の死を使って他人にそんな説法するなよ」ということです。
それではまるで藤佳子さんが悪い例だったようなものの見方であり、故人軽視もいいところだなと…坊さんだろ…( -_-)ボウサンテナアニ…

それと「完全なる思考的絶望も虚無も味わったことない人間が自死を語るな」ということです。あの坊さんにまわりの景色が昔の白黒映画にように見えながら数日過ごした時があるとは思えません( -_-)ゼツボウナメンナヨ

ちゃまは、一時期、自死そして死いう言葉に非常に敏感でした。
カミュの言うように哲学上の一番重大なテーマだとも考えていたのでおそらく、それらをテーマにこのブログを書けば#30以上はいくでしょう。( -_-)(゜Д゜)ヤッパアブナイヤツダナオマエ!

ただ今の虚無主義者のちゃまにはあまり興味がありません。考えすぎてあきたのかもしれません( -_-)
藤佳子さんの自死の報道も別に知りたくもなっかたのに知ってしまったという感じです。もうメディアは、自死報道止めたほうがいいです。メリットないどころかむしろかなりマイナスに影響します。

そしてちょうど見た報道がテレビつけた瞬間どんぴしゃで宇多田さんの手記を朗読するところでした。
どこかで意識しているとそう感じるものなのです。( -_-)ピコッドンピシャ

手記の感想は、「さすがだな」と…そして潤んだ(T^T)(゜Д゜)オマエホンマニニヒリストカヨ!

もうあの手記が全部だろう。十二分だと思う。

ちゃまは、どうしてもいろいろと想像してしまうのだけれども、きっと考えて考えて頭疲れきっても考えていろんな景色が見えた人だったのだろうと思います。
しかもあのお年まで何十年も全力疾走。よっぽど環境も整ってないとおそらく無理かと…
尊敬に値します。本当にお疲れ様でした<(_ _)>

そして、このようなことの報道の一部分だけみて、勝手に人の一生や遺族まで愚弄する人たちがいるのですが…「安心しろおそらくおまえらの方が劣っている」とちゃまは考えてしまいます。( -_-)ジブンノジンセイミツメナオソウ

最後にこれはあくまでもちゃまの極論です。…ちゃま残念ながら否定派でもありません。肯定派でもありません。そんなことは、その人それぞれの思考、環境、状態によると考えているからです。( -_-)ソシテキョムシュギダカラ
おそらくそれらが見事にリンクしてしまった瞬間、自死が完結してしまうという持論を持っています。
そのリンクを完全にさせないことは、どれだけ努力や愛情を注いでも他人には不可能だと考えています。

だから、自死遺族の方は、自分をせめないでください。意味がありません。

ふ~書いた書いたヾ(≧∇≦)スッキリシタ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(11)

コメント

No title

こんばんは。何か同業者として言い訳みたくなってしまうかもしれませんが。。
自分も経験ありますが、結局のところ、同じ事を自殺されたご遺族の前でも言えるのか?ってことだと思うんです。難しいですよね、そういうの。正直「語るべき言葉が見つからない」ってのが本音です。(ただ単に自分の勉強不足とも言えます。。)それと、「人の死」を通してでしか見えてこないものもあると思うのです。そう思っていつもお話させていただいております。自分は。

2013年|08月|30日|22:47 |from ksm.@てらぱ!| URL

Re: No title

> こんばんは。何か同業者として言い訳みたくなってしまうかもしれませんが。。
> 自分も経験ありますが、結局のところ、同じ事を自殺されたご遺族の前でも言えるのか?ってことだと思うんです。難しいですよね、そういうの。正直「語るべき言葉が見つからない」ってのが本音です。(ただ単に自分の勉強不足とも言えます。。)それと、「人の死」を通してでしか見えてこないものもあると思うのです。そう思っていつもお話させていただいております。自分は。

こんばんは。コメントありがとうございます<(_ _)>
こんなブログ閲覧いただいてうれしいです。
すいません。勉強不足で・・・ご質問なのですが同業者とは何のことをでしょう。
こんなブログで商いや法律上の「業」もしていないですし…
今回の内容だと虚無主義者のことですかそれともてらぱさんなので佛教でしょうか?でもちゃまは無宗教なので…
虚無主義のことなら種類多いですけど共鳴いただいたのなら本当にうれしいです。

ちゃまは、言えますよ。自分の意見を「聞かれれば」言います。聴取もあわせて何時間かかるわかりませんが聞かれた以上は言います。その間に相手が何を望んでいるのか読みとりながら…自分の極論に持っていけるよう言います。
やっぱり精神的に落ち込んでいる人や病んでいる人には元気に生きてもらいたいですからね。佛教的にこれもちゃまの欲でしょうか。

聞かれなければ一切言いません。残念ながら人に押してまで売るような力も思想も持ってないので…。

初めてご意見いただいたこと本当に感謝します<(_ _)>
てらぱさんはほんまにいいひとです。

こんなブログでも読んでいただける方もいるわけですし「あくまでも極論」という言葉をつけ加え再編集したほうがいいですね。これからもご指導ご指摘の程よろしくお願い申し上げます。

2013年|08月|31日|00:51 |from ちゃま| URL

Re: タイトルなし

> ちゃま!またまた深いい話を!簡単にまとめる。自殺したら天国いけないよ~100%ね”(ノ><)ノ

そう!大正解!それでいいのよ本当は!
でもちゃまは悲しいかなそうなれなかった(T^T)
天国も地獄も自分の中にそして人の記憶の中に…

2013年|08月|31日|17:07 |from ちゃま| URL

違う!ちゃま、地獄にも行かないよ。その人が本来生きる予定だった年齢が来るまでその場から動けなくなるの。

2013年|08月|31日|19:58 |from まぁ| URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年|08月|31日|20:01 |from -|

Re: タイトルなし

> 違う!ちゃま、地獄にも行かないよ。その人が本来生きる予定だった年齢が来るまでその場から動けなくなるの。
そういう説もあるね。地縛霊みたいな(^_^)でもちゃまはお馬鹿だから「霊」自体を信じられないよ!
でも実際、可能性が0ではないところがおもしろいね!
だからいかに悔いや未練を残さず逝くかというところだと思う。

だから自殺はあまり望ましくはないかもね。ほとんどは悔いながらだと思うし・・・


2013年|08月|31日|21:17 |from ちゃま| URL

Re: No title

こんばんは。私の勘違いの質問にお忙しい中ご返答いただきまして誠にありがとうございました。
コメントいただいたのにも関わらず私の早合点で大変失礼な質問をしてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ありません。

しかし浄土真宗の僧侶さんとは、本当に知らなかったので少し驚いております。

祖父の法要時の説法は、大変すばらしく良いお話だったのです。
あくまでも私が変人なもので少し気になっただけなのでどうかお気になさらずにいただきたいです。

私自身、代々浄土真宗の家系の生まれで祖母の影響でしらで読響できる身ではあるのですが、そこに日連さんがらみ宗教が混り複雑な環境で育ったもので宗教思想的にも本当に変人であると思います。

ただ紆余曲折ありあらためて今いろいろと勉強しておりますとブログにも書きましたとおり佛教そして日本の各宗派の教えというのは素晴らしいなと思うのと、今の現状がもったいないなと考えてしまいます。
ただ私ような路頭に迷った哲学かぶれは宗教や自分自身の人生に対して常に挑戦的である残念な人間なのです。そして宗教の必要性も人以上にわかっているのものとご理解いただけたら幸いです。

これからさらに多様化していくなかで伝統的な善い教えの宗教が薄いでいったりもしますが、やはり正しいものは正しいと説法や檀家とのコミュニケーションにご尽力くださいますよう切にお願いいたします。

ちなみに、これから私自身、家の為にいろいろとお世話になるであろうご住職は何年経っても変わらずにかっこいい男前な憧れるようななお方です。さすがは浄土真宗といったところでしょうか。

しかし不思議なご縁です。またあらためてブログを閲覧させていただきます。

こんな変人阿呆の迷えるブログですが、またこりずに見に来ていただけるようお願い申し上げます。
長文にて大変失礼いたしました。




2013年|09月|01日|19:39 |from ちゃま| URL

No title

こんばんは。
本当にお気になさらないでください。
自分のコメントが分かりにくかったということもありますし・・・。
自分も檀家さん(ご門徒さん)の前でお話をすることがありますが、
その話がどうだったか、とかってリアクションいただけることって案外少ないんですよ。単に自分のコミュニケーション不足なのかもしれませんが・・・。
ですので、ちゃまさんの率直なご意見が非常に心に響いたといいますか・・・。
そういう訳なのでよろしければ、今後ともご指導いただけると幸いです。

2013年|09月|04日|21:32 |from ksm.@てらぱ!| URL

Re: No title



こんばんは。
お気遣いをさせてしまいすみません。ありがとうございます。
ブログを拝見させてもらっています。


私は田舎の育ちなのですが、田舎の純朴の人にとってお坊さんというのは偉い人であり、ありがたいお話をしていただける先生のような存在であるわけです。
そんな人たちは先生の話を聞いて、素直に生きる力にしています。
苦労が多かったお年寄りが力強く生きていけるのは、お寺と僧侶さんの存在そして教えがあったからだとも考えています。

私のようなひねくれ者でも、ようやくここにきていろいろ勉強しておりさらに変人になってもおりますが、やはりどこかで代々の浄土真宗から教えが根底にあり、生きてるのだとも思います。

なのでてらぱさんのようにいろんな形で若い人にも善い教えが広まるように努力されてる方は尊敬いたします。

変人弱者がぐたぐた書いていきますが今後ともぜひ遠くからあたたい目線で見守ってやってください。よろしくお願いします。

2013年|09月|05日|23:29 |from ちゃま| URL

初めまして!!

初めまして、私のブロ訪問していただきありがとうございます。
私もテレビからの情報で色々と聞きますが、藤圭子さんの場合もそうですが、はっきり言って聞いたところでどうにもなりません。
色々あったんだろうなぁ????しかありません
身勝手かもしれませんが、私は先ずは自分が幸せに楽しい生活が出来るのが大切です。だからヒ-リングを勉強してます。なかなかですが、ヒーラーによると成長したようです。
心に余裕があれば、他に目が向けれますよね。
私は今からです。またお話しできますように!!


2013年|09月|06日|10:56 |from ドライブ大好きyoshie| URL

Re: 初めまして!!


こんばんは。コメントありがとうございます。
そのとおりだと思います。
自分が幸せや余裕がないと誰も幸せに出来ません。
幸せは人それぞれだと思うので、自分の幸せを追求していければ良いですね。

ただ自分の幸せばかり追求する享楽主義者ばかりになられて、他人の作り上げた幸せ壊すような人に増えられても困りものです。

生きている以上は、何かの犠牲によって生活してるわけで日本なんかはコンビニでカップ麺一つ買っても貧しい国の人や誰かの犠牲により買えるわけですから感謝はしていきたいですね。

またブログ拝見させていただきます。よければたまに覗いてやってください。

2013年|09月|07日|01:32 |from ちゃま| URL

非公開コメント

トラックバック

http://utucyama.blog.fc2.com/tb.php/20-2bf2fb36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。